法事・法要の引き出物、法事のお返しカワトー > 葬礼のスピーチ集 > 夫が亡くなったとき

葬礼のスピーチ集―お悔みに応待する

◎夫が亡くなったとき

【その1】
「ご丁重なお悔みを頂戴(ちょうだい)いたしまして、恐縮でございます。
生前はひとかたならぬお世話になりまして、ご恩返しもできぬままに逝(い)ってしまいました。
いつもあなた様のお名前を口にいたしておりまして、元気になったらまたご一緒にグリーンをまわりたい、などと申しておりましたのですが・・・。
どうかお別れをしてやって下さいませ。」

@あくまでも感情におぼれることなく、丁寧に落ちついて応待をするのが礼儀です。
A礼儀正しく、短く、簡潔な言葉でお礼を述べます。
ただし「ありがとうございます」というのは、場所柄ふさわしくありません。
「恐れ入ります」あるいは「いたみ入ります」と答えるのが適当です。
B故人と、その弔問客との間柄を心得て応接をするようにします。

【その2】
「ご多忙中にもかかわりもせず、早速のお悔みをいただきまして、恐れ入ります。
根が丈夫(じょうぶ)でございましたので、今回も恐らく回復するのではないかと思っていたのですが、今朝ほど急に容態が変わりまして・・・。
念願の家を新築したばかりだと申しますのに。
せめて一年なりとも住まわせてやりたかったと、そればかりが心残りでございます。
どうぞ、おまいりをしてやって下さいませ。」

C受け身で話します。こちらから話しかけることはしないように。
D喪主や遺族は、弔問客を玄関まで見送らないのが普通です。
E弔問を受けるのは本来故人です。
遺族はその代理人であることを忘れないようにしてください。


 葬礼スピーチ集父親が亡くなったとき母親が亡くなったとき夫が亡くなったとき妻が亡くなったとき
 子供が亡くなったとき兄弟が亡くなったとき