法事・法要の引き出物、法事のお返しカワトー > 葬儀の全般的な知識Q&A > お答えします

葬儀(そうぎ)の全般的な知識Q&A

仏式葬儀とは?

仏式葬儀の意義は、僧侶がお経を唱え、故人を浄土に導くことにあります。

日本では、ほとんどの葬儀が仏式で営まれています。
人が亡くなった場合の仏式葬儀の意義は、僧侶(導師)がお経を唱え、「引導を渡す」ことにより、故人を冥界から浄土に導くことにあります。
また、仏弟子として「戒名」をいただきます。戒名は本来は生前にあたえられるべきものでしたが、現在ではほとんどが、死後に在家の信者に与えられるようになっています。

葬儀は、元々遺族や親族などの近親者によって営まれるもので、故人の友人や知人、仕事関係の人々などが故人と最後の別れをする「告別式」とは区別されるものでしたが、最近では、葬儀のあと直ちに告別式に移行することが多くなっています。

葬儀の流れは全国的に見て決して一様ではなく、地域ごとにかなり違いが見られます。
一般的には、通夜を行い、葬儀・告別式のあとに遺体を火葬に付し、遺骨を迎え、還骨勤行を行って埋葬する、とする地域が多いようです。

通夜とは?

遺族と親族、それにごく親しい友人などが集まり、葬儀前の最後の夜を過ごします。

通夜は、遺族と親族、それにごく親しい友人などが集まり、葬儀前の最後の夜を過ごすものです。
本来火葬に付す前夜(逮夜)に行われます。
最近では仕事の都合などで告別式に出席できない一般の弔問客が訪れることも多くなっています。
元々は夜通し行われていたものですが、現在では「半通夜」といって、1〜2時間で切り上げられるのが普通になりました。

告別式とは?

葬儀に引き続いて行われ、弔問客は順番に焼香し、故人と最後の別れをして冥福を祈ります。

一般的に葬儀に引き続いて行われます。
僧侶の読経が流れる中、一般の弔問客は順番に焼香し、故人と最後の別れをして冥福を祈ります。
焼香や拝礼には、宗派によって作法に違いがありますが、近年は、仕事の関係のつきあいなどで弔問客の多い告別式が増えていますので、手短に済ますこともマナーのひとつと考えられているようです。

告別式が終了すると、遺族や親族、故人と親しかった友人が、故人と最後の対面をし、そののち出棺、荼毘に付されることになります。

神式葬儀とは?

神式葬儀の注意点は、お悔みを述べる際に「冥福」「成仏」など、仏教用語を使わないこと。基本的な流れは仏式とかわりません。

神式の葬儀(葬場祭)も、基本的な流れは仏式とそうかわりません。
しかし、神式による葬儀は少ないため、弔問客の多くが神式になじみが薄く、とまどいがあることも事実です。
そのため葬場祭では、式次第を紙に書いて会場に張り出したり、印刷物にして弔問客に手渡すなどの工夫も行われているようです。

弔事に限らず、神式では儀式に「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」と呼ばれる儀礼を行います。
弔事の場合の玉串奉奠は、仏式の焼香にあたるものです。
最初に喪主が、次に血縁の近い順番で進めます。一般の弔問客も、遺族や近親者に続いて行います。

また、神式葬儀の際に注意しなければならないのは、お悔みを述べる際に仏教用語を使わないようにすることです。何気なくお悔みに使ってしまう言葉で、「冥福」「成仏」など、仏教用語は意外と多いものです。

キリスト教式葬儀とは?

葬儀は、式の始めから参列者も参加するのがならわしで、中途からの入場は避けるのがマナーです。また仏教用語は避けましょう。

キリスト教式葬儀の場合も、基本的な流れは仏式、神式と変わりません。
本来仏式の焼香にあたるものは行いません。しかし日本では、故人と別れを惜しみたいとの思いが強く、献花が一般化しています。献花では、一般的に白いカーネーション、白菊などが用いられます。

キリスト教にとって死は終わりではなく、神に召された記念すべきことであり、悲しむべきことではないと考えられています。
そのため葬儀は、故人の死を悼むことより、神の栄光を讃え、故人が神の御許に受け入れられるように、という祈りを込めて営まれます。

キリスト教の葬儀は、式の始めから参列者も参加するのがならわしで、中途からの入場は避けるのがマナーとなっています。
式の開始時間は必ず守るような心がけが必要です。お悔みを述べる時には、やはり仏教用語を避けます。

また、キリスト教はカトリックとプロテスタントの二大宗派に分けられますが、その教義や信仰のよりどころなどの違いにより、葬儀のあり方も異なりますので、事前に宗派の確認が必要です。


贈り物の基本Q&A