法事・法要の引き出物、法事のお返しカワトー > 法要の全般的な知識Q&A > お答えします

法要(ほうよう)の全般的な知識Q&A

どうして七日ごとの忌み日なのか?

七日ごとに閻魔様によって死後の世界の行方を定める裁きを受け、四十九日目に最後の裁きが下されるという考えから、故人の霊がよい来世を得られるようお祈りします。

仏教では、死者は七日ごとに七回閻魔様によって死後の世界の行方を定める裁きを受けます。
四十九日目に最後の裁きが下されると考えられています。
そのため、遺族は死後七日ごとを忌み日とし、法要を営み、故人の霊がよい来世を得られるように祈ります。

霊の行方の定まらない期間を「中陰(ちゅういん)」「中有(ちゅうう)」などと呼び、この間の法要を「中陰供養(ちゅういんくよう)」と呼ぶこともあります。

死後、最初に営まれるのが「初七日(しょなぬか)」の法要。
本来、故人が亡くなった日を含めて七日目に行われるものですが、最近では葬儀の日に遺骨迎えの儀式と一緒に行われることが多くなっています。

一般に七七日(四十九日)をもって「忌明け」とし、盛大に法要を行います。
地域によっては五七日(三十五日目)を忌明けとすることもあります。
この日には白木の位牌を塗りの本位牌に代え、仏壇におさめます。

また忌明けの挨拶、香典返し、形見分けなどを行います。
初七日から七七日の間の法要は、現在では省略されることも多くなっているようです。

百か日と年忌法要はいつ?

死亡後百日目(百か日)、遺族はこのあと平常の生活に戻ります。
年忌法要は1、3、7、13、17、23、27、33、50、100年ごとにありますが、33回忌が最後の法要とすることが多いようです。

死亡後百日目は「百か日(ひゃっかにち)」と呼ばれ、遺族はこのあと平常の生活に戻ります。
現在この日の法要は、身内だけで営まれることが一般的です。

「年忌法要」は一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌とあり、それ以降は五十年ごとに営まれるのが本来の形です。
仏教では、どのような罪人でも、三十三年目には無罪放免となり極楽浄土できるとされることから、三十三回忌で「忌み上げ」とすることが多いようです。

なお、三回忌以降は死亡した年を含めて数え、一周忌だけは満で数えますので、三回忌は一周忌の翌年に行われます。 ※数え年:生まれた時点を「1歳」 満:生まれた時点を「0歳」

神式の霊祭とは?

法要にあたるものを「霊祭」といいます。

神式では法要にあたるものを「霊祭」といいます。
霊祭には葬儀の翌日の「翌日祭」、死亡の日から十日ごとの「毎十日祭」と「百日祭」、そして「式年祭」(一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭、命日に行う)があります。
霊祭では、特に「五十日祭」が重視され(仏式の七七祭の法要にあたる)、この日をもって忌明けとします。

キリスト教式の記念式・追悼ミサとは?

プロテスタントでは「記念式」。カトリックでは「追悼ミサ」
記念式前後に、葬儀の弔問客にお礼の品を贈ることが一般的になっています。

プロテスタントでは「記念式」が営まれます。
死亡一か月後に「昇天記念式」が行われ、その後は特に決まりがありませんが、一年ごとの命日(昇天日)に記念式を数年間行うようです。
なお、キリスト教では忌中・忌明けの考え方はないのですが、記念式前後に、葬儀の弔問客にお礼の品を贈ることが一般的になっています。

カトリックでは「追悼ミサ」を行います。
特に決まりはないのですが、死亡した日から三日目、七日目、三十日目に行われることが多いようです。
また、一年目に盛大なミサが営まれます。


贈り物の基本Q&A