法事・法要の引き出物、法事のお返しカワトー > 社葬の基本知識Q&A > お答えします

社葬の基本知識Q&A

社葬を行うケースとは?

会社の創設者・会長・社長・副社長・役員や、会社に多大な貢献のあった人などが対象。緊急取締役会を開いて決定。

故人の属していた会社・団体が主催して行う葬儀を「社葬」「団体葬」といいます。
一般的には、会社の創設者・会長・社長・副社長・役員や、会社に多大な貢献のあった人などが対象となります。
また、勤務中に事故で亡くなった場合に営まれることもあります。
社葬を営むかどうかは、緊急取締役会を開いて決定します。

会社によっては、葬儀に関するすべての費用が会社負担になるケース、寺院関係の費用は遺族が負担し、その他は会社が費用を負担するケースなど、規定がある場合があります。
社葬を行うことが決定したら、どの基準で行うかも取り決めます。
なお、取締役会の議事録がないと、税務上葬儀費用が会社経費として認められない場合もあります。

社葬の場合の密葬は?

会社関係者、取引先などは遠慮するのが礼儀です。

社葬を行う場合の葬儀の日程は、準備の都合などで死亡日より多少経過してから、というケースが多くなります。社葬の場合、それに先立って遺体を荼毘に付し、遺族と親しい者のみで密葬が行われます。

また、密葬は、年末年始に死亡したり、海外での死亡、遺体の損傷が激しい事故死などの場合も、本葬に先立って行われます。

密葬は、遺族にとっては本葬と同じ意味を持つもので、本来は会社関係者、取引先などは遠慮するのが礼儀です。しかし、会社関係者、取引先が密葬にかけつけ、混乱することもしばしばなので、会社側も手伝いの人を派遣するなどの配慮をします。

社葬の場合の通夜は?

社葬の場合、通夜は行わないのが普通です。

社葬の場合、通夜は行わないのが普通です。
誤解を招かないよう、新聞などで、「通夜は近親者にて済ませました」と告知すればよいでしょう。

故人の社会的な立場により、また葬儀のリハーサルを兼ね、通夜を行う場合もあります。
その場合、一般の通夜に準じて行われることが多いようです。

社葬の場合の供物・供花は?

「供花帳」などをつくって記録し、忌明けに令状を発送します。

供物、供花は「供花帳」などをつくって、贈り主の社名、氏名、住所、金額の目安などを記録し、忌明けに令状を発送します。
弔電の場合も同様にします。

令状は、本来は喪家側で出すべきものですが、社葬の場合、会社の取引関係が大半でしょうから、会社が担当するよう配慮が必要です。
発送に際して、社名社名や相手の名前に書き誤りがないよう、また漏れがないよう、十分に注意します。

供物や供花を辞退する旨が告知されることも多いものです。
花輪を飾る場所が限定される場合もあります。まずは社葬主催側の担当者の指示に従うようにします。
また、飾り方、並べ方の都合もあるので、早めに手配します。
贈り主の会社や肩書きに間違いがないよう、できればファックスで注文します。

社葬の場合の香典返しは?

「香典帳」に記録します。香典は本来遺族が受け取るもの。
香典返しも基本的には遺族側です。

いただいた香典は、「香典帳」に金額、氏名、住所などを記録します。
香典は本来遺族が受け取るもの。
香典返しも基本的には遺族側の仕事です。
ただ、弔問客数が多い場合は煩雑な作業になりますので、遺族側の意向を確認し、会社側も代行など配慮をします。

香典返しを送る場合は、香典帳を基本に、過去の例も参考にして金額を決定します。
会社あるいは故人にちなんだものを贈るのもひとつです。
最近は葬儀当日に、会葬礼状とともに香典返しも済ませてしまうことも多くなっています。

社葬の場合の服装は?

正式の喪服を着用していけば間違いありません。
社葬の前に弔問する場合は、ビジネススーツでもかまいません。

基本的には、正式の喪服を着用していけば間違いありませんが、無宗教葬などで、「平服」との通知があれば、ブラックスーツや地味な色のスーツ、ワンピースでもよろしいでしょう。

社葬の前にとりあえず弔問する場合は、ビジネススーツでもかまいません。
ワイシャツは白、ネクタイは地味なものを選びます。
会社のロッカーに、イザという場合に備えて、男性ならクリーニング済みの白のワイシャツと、黒または地味な色のネクタイ、女性も同様に、地味で上品なスーツに白のブラウスなどを用意しておけば、慌てません。

アクセサリーは控えめ、あるいは結婚指輪をのぞき、すべて外します。
パールの一連のネックレスなら付けてもよいなどと言われますが、できればつけないにこしたことはありません。


贈り物の基本Q&A