法事・法要の引き出物、法事のお返しカワトー > 葬礼の基本 > 通夜の準備

葬礼の基本 : 通夜の準備

■ 通夜の準備

通夜とは、その昔、遺体を鳥や獣から守るために、遺族や親しい人達があ火を炊きながら一夜を明かしたのが始まり、と言われています。
ですから、親しかった人々が集まって故人を偲び、冥福を祈りながら、最後の別れを惜しんで一夜を明かすのです。
もっとも、何かと忙しい現代では、時間を限ってその日のうちに終わらせるようになっています。

準備として

@家の中の整理
A入口にすだれを下げ、忌中の貼り紙をして、通夜の時間を掲示する
B玄関は明るく清潔に
C受付の用意(机・筆記用具・記帳簿・その他)
D道路の要所要所に、道順を示す紙を貼る
E通夜ぶるまいの準備(酒などの飲み物、軽食、茶菓や食器類)
F手伝いの依頼と、各人の役割分担の決定
G僧侶の接待の準備(「お車代」なども)


< 葬礼の基本のトップ >