法事・法要の引き出物、法事のお返しカワトー > こんなときどうする

お弔いごと - こんなときどうする? 「イザ」という時の知恵

病院で亡くなった場合、病院へのお礼は?

医師には商品券や果物など目安として一万〜二万程度、看護婦さんにハンカチなど目安は五千円〜一万円位です。

お礼の品は、医師には商品券や果物など、目安として一万〜二万程度(婦長も同程度)が多いようです。また看護婦さんにハンカチなど目安は五千円〜一万円位です。手渡す時は人目にふれないようにするのが相手の立場に立ったマナーです。

病院によっては受け取らない方針をとっている場合がありますので、どうしても気持ちを表したいときは、クッキーや菓子折りなど、みんなで食べられるようなものを「みなさんで」と手渡すようにします。

香典の相場は?

親類が一万円、勤務先の上司が一万円、同僚・部下が五千円、友人・知人・隣人、その他お世話になった人が五千円。

香典は、故人や遺族との関わりや持参する人の立場や年齢によって異なりますし、地域差もあります。
決して多ければ良いというものでもありません。また、地域や職場によっては、取り決めや慣習がある場合もあります。また、香典は「目上に薄く、目下に厚く」と言われます。こうしたことを配慮して、金額を決めます。

最も一般的な金額は、祖父母の場合で一万円、両親の場合が十万円、兄弟・姉妹が五万円、おじ・おば、その他親類が一万円、勤務先の上司が一万円、同僚・部下が五千円、また、友人・知人・隣人、その他お世話になった人などが五千円となっています。

供花・供物をしたら香典は?

供花、供物を贈った場合、香典は必要ないとされています。

本来は、葬送に香や花などをもち寄って贈ったものでしたが、近年ではその代金までにと、お金に代えることになったのが香典。
供花、供物と香典は同じ気持ちの表現ですから、供花、供物を贈った場合、香典は必要ないとされています。

しかし、ぜひにも、という気持ちがあれば、供花、供物とは別に香典を贈っても、むろん失礼にはあたりません。

香典返しをいただいたのでお礼は?

礼状はださないならわしがあります。

香典返しが送られてきても、不幸が二度と起こってほしくない気持から、礼状はださないならわしがあります。
ただし、デパートなどから送られてきた場合は、電話やハガキでさりげなく、「確かに拝受いたしました」とお知らせすると、遺族も安心するでしょう。

弔事と慶事が重なった場合は?

一般的には弔事が優先されているようです。

不幸の知らせは突然舞い込むもの。
知人の慶事と重なった場合は、基本的には故人との間柄によりますが、一般的には弔事が優先されているようです。

身内の結婚式と重なる、本人の出産が迫っているなど、よんどころない事情で参列できない場合は、とりあえずお悔みの電話をかけるなどし、葬儀に出席できない旨を簡単に話し、弔電を打つか、後日あらためてお詫びの手紙を書けば、より丁寧です。また、できれば四十九日までに弔問をします。

知人の死を葬儀のあとに知った場合は?

遺族に電話をかけてお悔みを述べ、先方の都合に合わせて弔問にうかがいます。

長期の出張やなにかの手違いなどで、葬儀が終わったあとに知人の不幸を知った時は、遺族に電話をかけてお悔みを述べ、先方の都合に合わせて弔問にうかがいます。

弔問は手短に済ませるのが礼儀ですが、遺族の寂しさがつのる頃でもありますので、もし引き留められたら、話相手をつとめるようにしましょう。

喪中のお歳暮は?

喪中でもお歳暮は贈っても良いです。ただ、のしや水引は使わず、奉書紙に上書きだけします。

お歳暮は、お世話になっている方へのお礼の気持ちでする贈り物です。
喪中かどうかはまったくの別問題、さしつかえありません。いただく場合も同様です。

ただ、喪中のお宅に贈る場合は、のしや水引は使わず、奉書紙に上書きだけします。

キリスト教の場合の香典返し(御花料のお返し)は?

日本社会の風習もあり、死後一カ月後の「昇天記念日」ごろに送ることが多いようです。

キリスト教の場合、本来香典にあたるものがないところから、香典返しの習慣がありません。

とはいえ、日本社会の風習もあり、一般的には、死後一カ月後の「昇天記念日」ごろ、「志」などの表書きをした品物に、挨拶状を添えて送ることが多いようです。

神式の場合の香典お返しは?

五十日祭以降に贈るのが一般的になっています。

香典返しの習慣は仏式から起こったものですが、神式でも五十日祭以降に挨拶状とともに、お礼の品を贈るのが一般的になっています。

無宗教の場合の香典お返しは?

お返しを贈ることが一般的になっています。

お返しは、無宗教の場合も本来は不要なのですが、日本の慣例上、ほとんどの弔問客が金包みを持参しますので、お返しを贈ることが一般的になっています。

故人の遺志などで福祉事業などに寄付する場合は、お返しはせずその旨を記した挨拶状を出します。

香典お返しとは?

四十九日(七七日)の忌明けを目安に挨拶状とともに行います。

香典には本来相互扶助的な意味があり、お返しをする性質のものではなかったのですが、現在は香典返しをすることが一般的です。四十九日(七七日)の忌明けを目安に挨拶状とともに行います。
ただ、最近は葬儀の当日に香典返しを行うところも増えてきています。

表書きは「志」「忌明志」などが一般的で、近畿地方では「満中陰志」も使われます。
香典返しをいただいても、礼状は出さないものとされています。


贈り物の基本Q&A